第13回研究会終わる


ろう教育学習会(基礎文献を読む会 その2)を終わりました。
久々のあたたかい日曜日でしたが、末川会館で、ろう教育の学習会第2回目を行いました。アドヴァイザーの武居先生のおすすめの本は大変興味深く、難しかったですが、参加者(7名)はみな学習会をしたことに充足感を感じました。良書をご紹介下さった武居先生に感謝いたします。読後、担当の章をそれぞれさらに要約して、協同で書評にまとめたいと話しあいました。ろう教育に関しては、MHB年次大会(8/5)の前日の午後か夜に集まって、この本を読む会の続きをすることになりました。
**********
日時:2007年3月25日日曜日 1時半−4時半
場所: 立命館大学末川会館2階会議室1 (立命館大学衣笠キャンパス、正門からはいって、車のゲートを過ぎたらすぐ左手にあります。)
今回の本:Brenda Schick, Marc marschark, Ptricia Elizabeth Spencer. (Eds.) (2006)
Advances in the Sing Language Development of Deaf Children Oxford University Press.後日、別の読み物を多少加える可能性もあります。
前回の学習会の10名の参加者の出席確認にもとづいて現在担当章を検討中ですが、学習会はその都度参加が可能ですので、レビューをしたい、聞くだけを希望など、明記の上、参加の意志のご連絡をお願いします。3/10までに、湯川まで(eyt24310@lt.ritsumei.ac.jp)までお知らせ下さい。新規にご参加の方は、レビュー希望の意志の有無、所属、連絡先、聴者、聾者の別を参加申し込みといっしょに明記して下さい。
Chapters:
1 Understanding sign language development of deaf children
2 Issues of linguistic typology in the study of sign language development of deaf children
3 The development of gesture in hearing and deaf children
4 Patterns and effects of language input to deaf infants and toddlers from deaf and hearing mothers
5 Acquiring a visually motivated language: evidence from diverse learners
6 Lexical development of deaf children acquiring signed languages
7 Deaf children are verb attenders: early sign vocabulary development in Dutch toddlers
8 Learning to fingerspell twice: young signing children’s acquisition of fingerspelling
9 The form of early signs: explaining signing children’s articulatory development
10 Acquisition of syntax in signed languages
11 How faces come to serve grammar: the development of nonmanual morphology in
American Sign Language
12 Deaf children’s acquisition of modal terms
13 The development of narrative skills in British Sign Language
14 Natural signed language acquisition within the social context