第16回研究会 秋の読書会が終わりました


*本日下記の読書会が終わりました。10時から4時半まで12名の参加者で活発な議論をいたしました。のこりの8章については、2008年2月16日(土)と17日(日)の2回にわけて、また立命館大学で実施する予定です。詳細が確定しましたら、またこのHPおよびMLでお知らせいたします。
******************************
*下記の読書会の担当が決まりました。第1章(友沢昭江)、第2章(鈴木崇夫・道脇絵里香)第3章(真嶋潤子)、第4章(湯川笑子)、第5章(櫻井千穂)の各氏(敬称略)です。お申し出ありがとうございました。
*章の読みの担当をしないけれど参加したいという方の参加受付けを開始します。レジメの枚数の把握のため、MHB読書会係<gr018074@li.ritsumei.ac.jp> まで、お申し込み下さい。名前と所属と「読書会に参加します」という文章を添えて下さい。会員に限りますので、ご参加の希望の際はMHB会員の登録をして下さい。このHPに入会要領の案内があります。11月4日までにお願いします。
*章ごとの読みを担当して下さる方は、参加者が必ずしも5章全てを読んでいないこともあるということを前提に、各章について、分かり易くやや詳細な要約を日本語でレジメにしてお持ち下さい。人数は11/4以降にお知らせします。当日は40分の持ち時間のうち、20分で説明とコメントを終え、残りの20分でその章についての討論ができるようにご準備下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
秋の読書会を以下のような要領で行いたいと思います。
日時:11月11日(日)10時−4時 
場所:立命館大学 末川会館第2会議室(30名定員)
テキスト:論文集2006年出版
  Imagining Multilingual Schools: Languages in Education and Glocalization
編者:Ofelia Garcia, Tove Skutnabb-Kangas &
Maria E. Torres-Guzman
発行社:Multilingual Matters
特徴:従来のヨーロッパ、北米中心のバイリンガル教育の枠を出て、
  南米、アフリカの現況も含めて、言語権、言語多様性保持の立
  場から、学校教育との関連で多言語育成の諸問題を世界的視野
  で扱ったもの。日本も含めて21世紀の世界の言語教育を考える
  上で参考になる。シンポジューム発表原稿をまとめた最新の書
  き下ろし論文集。
構成:5部、13章からなる。巻末に文献リスト、索引、著者紹介。
  Part 1: Introduction(1章)
  Part 2: Pedagogies, Values and Schools(2,3,4,5章)
  Part 3: Extending Formal Instructional Spaces(6,7章)
 Part 4: Tensions between Multiple Realities(8,9,10章)
  Part 5: Negotiating Policies of Implementation(11,12,13章)
第一回読書会(第二回、第三回読書会は2008年に行う。日時は未定):
  ●Part 1とPart 2を読む
  ●各章の担当者がレジメを作成(できれば翻訳)して発表
  ●各発表者の持ち時間は質疑応答も含めて40分
  ●各章発表者を会員の中から募集する(締め切りは、10月15日)
  
当日のスケジュール:
10:00  あいさつ、諸連絡
10:20 ー11:00 Part 1, Chapter 1
Weaving Spaces and (De)constructing Ways for Multilingual
Schools: The Actual and the Imagined
Ofelia Garcia, Tove Skutnabb-Kangas, Maria E. Torres-Guzman
11:00ー11:40 Part 2, Chapter 2
    Identity Texts: The Imaginative Construction of Self through
    Multiliteracies Pedagogy
    Jim Cummins
1:00 ー 1:40  Part 2, Chapter 3
Imagining Multilingual Education in France: A Language and
Cultural Awareness Project at Primary Level
Christine Helot and Andrea Young
1:40 ー 2:20 Part 2, Chapter 4
Reimagining Multilingual America: Lessons from Native American
Youth
Teresa L. McCarty, Mary Eunice Romero, and Ofelia Zepeda
2:20 −2:40休憩
2:40ー3:20 Part 2, Chapter 5
Attitudes Towards Language Learning in Different Linguistic
Models of The Basque Autonomous Community
Feli Etxeberria-Sagasume
3:20 −4:00 総合討論