MHB Research Convention 2016 Call for Proposal


(日本語版はこちら

*********************************************

Mother Tongue, Heritage Language, and Bilingual Education (MHB)  Research Association

Call for Proposal for the MHB Research Convention 2016

*********************************************

The schedule of MHB Research Convention 2016 has been decided. You are kindly requested to add the Convention attendance to your personal schedule in 2016 ( PDF leaflet is availabe here).

We welcome presenters for paper and poster presentation as well as demonstration at the Convention. Please find the application guide below.

April 21, 2016

 

Time and date: Monday afternoon, August 8 and whole day of Tuesday, August 9, 2016 

Venue: Ochanomizu University (Otsuka 2-1-1, Bunkyo-Ku, Tokyo 112-0012)

* For campus map, http://www.ocha.ac.jp/en/access/

(The reception will be at the 1st floor of Faculty of Letters & Education, Building 1 near the south gate. The south gate is open from 7:00 to 21:00.)

Theme: The Heritage Language Education and Super-diversity

The objective matter of the MHB Research Convention 2016 will be the heritage language education and super-diversity. The super-diversity means a situation where not the previously used category of ethnic groups but complicated factors such as personal wills and social requirements are involved to understand the rapid diversification in human movement. Teachers and schools for heritage language education are required to deal with this phenomenon worldwide. 

Program:

Monday, August 8, 2016

[ 12:00- 17:00 ] (tentative):

  • Keynote speech 1 “Overview of the Heritage Language Education and its Agenda for the Future”(tentative title by Prof. Kazuko Nakajima  
  • Concurrent sessions (paper read, poster sessions, and demonstration)

Tuesday, August 9, 2016

[ 9:00-12:00 ] (tentative)

  • Keynote speech 2 “Addressing super-diversity: Identifying various needs of our heritage language learners” (tentative title) by Prof. Mitsuyo Sakamoto
  • Practice report “The heritage Japanese language education corresponding to the diversity” (tentative title) by Ms. Tomoko Nakano
  • Life story “Talk by the heritage language speakers” (tentative title) (Candidate presenter is under negotiation) 

[ 13:00-17:00 ] (tentative):

  •  Concurrent sessions (paper read, poster sessions, and demonstration)

* The Special Interest Group (SIG) meetings will be set on Monday, August 8 or Tuesday, August 9.

* The details will be informed around middle of June after determining the program according to number of presentation.

* The presentation of “Longitudinal Study on Multi-lingual Ability of Foreign Children and Students” (the Grant-in Aid for Scientific Research (B), 2012 ~ 2016, lead by Prof. Junko Majima, title number 24320094), is organized at the same venue in the morning of Monday, August 8th, 2016.


[Application guide for proposals]

I. Subject: Unpublished paper relating to the MHB research area

II. Languages for the presentation:

Japanese and English (however, words of other languages may be used to show examples etc.)

III. Deadline: 12:00 noon, Sunday, May 31, 2016, (Tokyo time: UTC+9)

IV. Submit to: Executive Committee for 2016 MHB Research Convention, e-mail : 2016mhb AT gmail.com

*Please note that "AT" in the email address above is a substitute for symbol "@" to avoid scam emails coming through from the link on the website. When you are sending us emails, use "@" without spaces before and after the symbol. 

V. Requirements for applicants:

The presenters, including co-presenters must be members of MHB. Nonmembers is required to submit a membership prior to submitting a proposal through the procedures shown in the http://mhb.jp/admission *A member shall not be the first presenter for 2 or more proposals. *All co-acting presenters are required to attend the Convention.

VI. Presentation details:

1. Time

Paper read: 20 minutes, questions and answers  10 minutes

Poster session and demonstration: 60 minutes

2. Procedures

Paper read: During initial 20 minutes, the presenter will present the paper to the audiences in a unilateral way, and then, questions and answers session for 10 minutes. Personal computers and other instruments may be used as needed.

Poster session: 60 minutes for questions and answers session between the presenter and audiences by using a poster. Sizes of the poster should be A0 (84cm x 119cm) or equivalent. Only one poster can be used. If materials other than a poster are to be used, inform the secretariat to be approved.

Demonstration: Results of development and practice of learning materials and teaching methods will be demonstrated using personal computer and/or the real things, letting the audiences actually touch the materials and join discussion and questions and answers session. Personal computer and posters may be used.

VII. Submission details

1.Send us the applicant’s personal information attaching to the E-mail.

2.Send us the title of the paper and its summary attaching to E-mail following the instruction below.

VIII. Points to judge adoption

For the Paper read

  • ​​ Is the theme appropriate for the MHB Research Association?
  • Dose the research contribute to improvement of practice and research on the Mother Tongue, Heritage Language, and Bilingual Education?
  • Are the motive of research, integration of previous researches and their systematization, the research theme and research methods clearly stated? Are the conclusion and consideration included?
  • Are the research contents unique, creative and meaningful compared with the previous researches?

For the poster and the demonstration:

  • Is the theme appropriate for the MHB Research Association?
  • Are the presentation contents unique, creative and meaningful compared with the previous researches?

IX. Notification of acceptance:

– To decide the proposals, referee reading will be done by several referees without informing them the applicants’ names. Results of the judgment will be informed by E-mail before Thursday, June 23.

– If applicants required revision to the summary of the paper, revised manuscripts shall be submitted by Wednesday, July 13.

Executive Committee on the MHB Research Convention 2016


2016年度研究大会 発表募集


 English Version is available here.

***************************

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究会

2016年度研究大会の発表募集のお知らせ

***************************

2016年度の大会の日時が決定しましたのでご案内いたします。ぜひ、2016年のご予定の中にお入れ下さい(ちらしPDFはこちら)。 また、研究大会での口頭発表、ポスター発表、デモンストレーションを募集いたします。募集要項をご覧の上、奮ってご応募下さい。

2016/4/21

 

日 時 :2016年8月8日(月)午後、8月9日(火)終日

開催場所:お茶の水女子大学(〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目1−1)

     *キャンパスマップはこちら
     (受付は南門近くの文教1号館1階予定しています。南門は7:00-21:00の間開いています。)

テーマ :継承語教育と超多様性

2016年度MHB研究大会では、継承語教育と超多様性(super-diversity)をとりあげます。「超多様性」とは、人の移動における多様性が急激に進み、その理解にはこれまでに使用されてきた民族という括りではなく様々な個人的・社会的背景要因や意思を含む複雑な要素が関与する状態を指します。世界各地の継承語教育現場は、この現象への対応を求められています。

プログラム:

8月8日(月) 

 午後① 基調講演1 「これまでの継承語教育と今後の課題」中島和子氏

 午後② 研究発表(口頭発表・ポスター・デモンストレーション)

8月9日(火)

 午前 基調講演2 「多様化するニーズとは:継承語学習者の超多様性を考察する           (Addressing super-diversity: Identifying various needs             of our heritage language learners)」(仮題)坂本光代氏

    実践報告  「多様性に対応した継承日本語教育の実際」(仮題)中野友子氏

    ライフ・ストーリー「継承語話者当事者の語り」(仮題)(交渉中)

 午後 研究発表(口頭発表・ポスター・デモンストレーション)

 

*部会(SIG)の時間を8月8日(月)または9日(火)に設けます。

*詳細は研究発表の件数に合わせてプログラム詳細を決定した後、6月半ば過ぎにご連絡いたします。

*初日8月8日(月)午前中に科研費研究(「平成24年度~平成28年度科学研究費補助金基盤研究(B)(研究代表者:真嶋潤子、課題番号24320094)「外国人児童生徒の複数言語能力の縦断的研究 −何もなくさない日本語教育を目指して」)の研究成果報告会が同会場にて開催されます。


【口頭発表、ポスター発表、デモンストレーション募集要項】

I. 募集内容:MHBの研究領域に関連するもので、未発表のもの。

II. 発表言語:日本語、英語(ただし、例示のため、他言語の単語などが含まれることは可能)

III. 締 切 日:2016年5月31日(日)正午(東京時間: UTC+9) 必着

IV. 申し込み先:2016年度MHB研究会大会実行委員 2016MHB AT gmail.com 

*電子メールのアドレスのATは@と読みかえて、ATの前後のスペースは取り除いて下さい

V. 応募資格:

応募は会員に限りますので、非会員の場合は 入会案内 http://mhb.jp/admission の説明に従い、入会手続きをおとりください。筆頭発表者だけでなく共同発表者も全員会員である必要があります。

※1人の会員が2件以上の発表で筆頭発表者となることはできません。
※共同発表者の方も全員大会に出席してください。

VI. 発表形式:

 1.時間  口頭発表:20分、質疑応答10分
     ポスター発表・デモンストレーション:60分

2.形式

口頭発表:はじめの20分は発表者から聴き手に向けての一方向の発表。その後10分間の質疑応答。必要に応じてパソコン等の機器の使用が可能

ポスター発表:ポスターを用いて、聴き手との質疑応答や意見交換を行う。(ポスターサイズは、A0判  <84㎝ x 119㎝>、またはそれに準ずるサイズで1枚以内)ポスター以外に教材等の展示を希望する場合は、事前に事務局への確認が必要。

デモンストレーション:教材や教授法などの開発や実践の成果をパソコンや実物で提示し、 聴き手がそれに触れられるようにしつつ、質疑応答や意見交換を行う。パソコン及び掲示物 の使用が可能。

VII. 応募要領

(1)応募者の個人情報は、メールの添付書類としてお送りください。
 ※「応募者情報フォーム」をこちらからダウンロードしてご利用ください。

(2) 発表題目とその概要は以下の指示に従い、メールの添付書類としてお送りください。
 ※「原稿作成ガイド」をこちらからダウンロードしてご利用ください。

VIII. 採否判定の観点

■口頭発表の場合:

1. テーマがMHB研究会にふさわしいか
2. 研究課題が母語・継承語・バイリンガル教育の実践と研究の向上に貢献するものかどうか
3. 研究動機、先行研究のまとめと研究の位置づけ、研究課題、研究方法が明記されていて結果と考察が含まれているかどうか
4. 研究内容が、先行研究等と比較して、特色、独創性、意義が認められるかどうか

■ポスター発表/デモンストレーションの場合:

1.テーマがMHB研究会にふさわしいか
2.発表内容が、先行研究等と比較して、特色、独創性、意義が認められるかどうか

IX. 採否連絡:

  • 査読は複数名の査読者により応募者名を伏せて行い、発表者を決定します。その結果は、6月23日(木)までにメールにて通知致します。
  • 採択にあたって応募要旨の修正を求められた方には、7月13日(水)までに訂正原稿をご提出いただきます。

2016年度大会実行委員


『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』第12号の販売について


*2016年度発刊予定の『MHB研究』13号投稿規程はこちら(投稿〆切り 2016年9月30日)


 

『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』第12号を販売しています。内容は以下の通りです。

************************************************

目 次  /  CONTENTS

 

特集 すべての言語資源を活用したマルチリンガル教育をめざして

Featured Topic: Aiming for Multilingual Education Utilizing All the Language Resources

 

【 招待論文 / Invited Papers​ 】

1. トランス・ランゲージングを考える―多言語使用の実態に根ざした教授法の確立のために―

    Conceptualizing Translanguaging: To Consolidate Pedagogy Rooted in the Language Use of Multilinguals

加納 なおみ / Naomi Kano

2. 「立命館キャンパスアジア・プログラム」に参加した日中韓3カ国学生の3言語能力と使用状況

     “Ritsumeikan Campus Asia Program” Students' Abilities and Use of Three Languages

清田 淳子・湯川 笑子・庵逧 由香 / Junko Kiyota, Emiko Yukawa, and Yuka Anazako

3. 大学における英語開講ゼミクラスの第一言語使用―日本のコンテクストにおけるEMIの一事例―

   Use of the First Language in an Undergraduate English-Medium Seminar Class: An EMI Case in a Japanese Context

湯川 笑子 / Emiko Yukawa

【 研究ノート / Research Note 

4. トランス・ランゲージングと概念構築― その関係と役割を考える

   Translanguaging and Conceptual Construction: The Relationship Between the Two and Their Respective Roles in a Learning Process

加納 なおみ / Naomi Kano

【 2015年度 母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究会活動 / MHB Activities in 2015/16 

 

******************************************

ご希望の方は、以下の手順に従ってお申し込み下さい。

部数に限りがありますので、先着順で受け付けます。

(バックナンバーも在庫がある号数は購入可能です。
 掲載論文タイトルなど詳細はこちらをご覧下さい。)

1)MHB研究会事務局に電子メールで購入申込みをお送り下さい。
・件名を「MHB研究第12号注文ー○○」として下さい。
 (○○の部分にはご自分のお名前をご記入下さい。)
・メール本文に、注文冊数と送付先の住所を明記して下さい。

【メール宛先】
 MHB研究会事務局 真嶋潤子  mhb.jimukyoku AT gmail.com
 (ATは@と読みかえて、ATの前後のスペースは取り除いて下さい。)

2)以下の口座に代金をお振り込みください。
・振込先:池田泉州(イケダセンシュウ)銀行
     彩都(サイト)支店(店番号171)
     普通預金口座 83818
     名義人:眞嶋 潤子(マジマ ジュンコ)
    (*漢字は「真」でなく「眞」です。)
・代金:1冊につき1800円(国内への送料込)

 ※海外への発送の場合は凡人社さま(こちら)よりお求めください。

入金を確認し次第、お送りいたします。


 

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究会 事務局 
〒562-8558 大阪府箕面市粟生間谷東8−1−1   
大阪大学大学院言語文化研究科日本語日本文化専攻
真嶋潤子研究室内
電話&FAX:072-730-5192 (研究室直通)
Email: mhb.jimukyoku AT gmail.com
(ATは@と読みかえて、ATの前後のスペースは取り除いて下さい。)