母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会 2022年 オンライン読書会のご案内 「バイリンガルろう教育を考える」

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会 2022年 オンライン読書会のご案内

「バイリンガルろう教育を考える」

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会は、これまで多言語環境で育つ幼児・児童・生徒・およびその他の学習者一人一人の成長や発達、社会参加について様々な側面から研究の蓄積を図ってまいりました。今年度の読書会では「バイリンガルろう教育」をテーマに取り上げ、オンラインで開催することに致しました。

ろう・難聴の子どもが最初に習得する言語は、生まれた環境(親が聴者か否か)やその後の教育(ろう学校か否か、学校で使用される手話の種類)によって異なります。本来、ろう・難聴児にとって、認知的発達とろう者としてのアイデンティティ涵養のために最も有効な言語は「日本手話」です。日本手話を使って書記日本語を学ぶことをバイリンガルろう教育、さらに音声日本語の活用もいれることをバイモーダル・バイリンガル教育と言いますが、現在、バイリンガルろう教育は、人工内耳の発達などによりインクルーシブ教育の流れが強まり、世界中で歴史的な転換期に差しかかりつつあります。

今回の読書会で取り上げる文献は、ろう教育を理解する上で、基本となるものを10本選択しております。ろう児を取り巻く技術や社会情勢の変化を概観しながら、ろう児の発達と手話のあり方を今一度考える機会となることを願って企画いたしました。多言語環境で育つ学習者に関わる多くの会員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【日  時】 

2022年11月12日(土) 14:00–18:00(文献1〜5)

2022年11月26日(土) 14:00–18:00(文献6〜10)

【概  要】  文献リストの論文1本ずつを担当(担当決定済)し、約20分で解説、その後20分、質疑を行います。

【使用言語】  報告・質疑応答(日本語+日本手話)

【定  員】  50名(学会員限定・参加費無料)

【参加申込】   定員に達したため申し込みを締め切りました。

【お問合せ】   MHB学会大会実行委員(読書会担当)sa-miya@sophia.ac.jp

MHB2022研究大会 参加者専用ページの公開

MHB2022大会の参加者専用ページを公開しました。

https://www.conference.mhb.jp/

申し込みをされたかたは、上記よりログインして「参加者専用」ページをご利用ください。ブックマークは「参加者専用」のページにしていただくと便利です。

この件に関するお問い合わせ: taikai@mhb.jp (MHB2022大会実行委)

MHB2022研究大会 参加申し込み期間延長のお知らせ

研究大会参加申し込み期間を以下のように延長いたします。その他の申し込み方法に変更はありません。是非ご検討ください。

7月31日(日)午前9時 (東京時間 UTC+9)

いくつか特にお知らせしたいことがございます。

・基調講演の日本語字幕付き録画は、大会当日数日前から視聴可能になります。また大会終了後も、一定期間視聴可能とします。

・海外在住の方もお待ちいただくことなく、新規会員登録と参加費支払い(=チケット購入)ができます。当初心配していた「承認申請待ち」の手続きはありませんので、ご安心ください。

・参加費のお支払いはクレジットカードかpaypalをご利用いただけますが、国内からでしたら銀行振込も承ります。お気兼ねなくご相談ください。

大会の詳細および参加申し込みについては大会専用ページ https://www.conference.mhb.jp をご覧ください。

MHB2022実行委(問い合わせ: taikai@mhb.jp

MHB2022研究大会(オンライン) 参加登録開始のご案内

*************************************************************

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会
2022年度研究大会(オンライン)へのご参加お誘い

*************************************************************

MHB学会では「3言語(以上)を育てる教育を考える」をテーマにかかげ、8月4日〜7日にオンライン研究大会を開催します。「3言語(以上)の学習と習得」はこれまで「バイ」リンガル教育と総称されたため見えにくかった、3言語(あるいはそれ以上の数の言語)が関与する場合の言語学習と教育を指します。

大会テーマの基調講演には、バスク語、スペイン語、英語の3言語教育、イマージョン教育、早期英語教育、多言語教育の理論的考察など複数の言語の教育について広範囲におよぶ研究と教育現場への貢献でご高名なJasone Cenoz博士(University of Basque Country)をお迎えします。また大会テーマにそったパネルセッションや、会員による研究発表セッションを予定しています。

主要なプログラム(基調講演、パネル討論、総会)においては、字幕付き動画や日本手話による通訳などを準備し、できるかぎり情報保障についても配慮する予定です。
大会の詳細および参加申し込みについては大会専用ページ(下記)をご覧ください。

https://www.conference.mhb.jp

参加申し込みの締め切り:7月27日(水)昼12:00(東京時間:UTC+9) 

             ⇒7月31日(日)午前9時 (東京時間 UTC+9) ※延長しました。

MHB2022実行委(問い合わせ: taikai@mhb.jp

MHB2022研究大会 研究発表再募集のお知らせ

MHB2022大会の研究発表を再度、募集いたします。締切は下記のとおりです。応募の要領、手順、申込先に変更はありません。

 2022年6月19日(日)23:00(東京時間:UTC+9) 必着

大会プログラムと研究発表応募の詳細は下記の案内をご覧ください。

詳細

お問い合わせ:MHB学会 2022年度大会実行委員
taikai@mhb.jp