MHB2022研究大会研究発表再募集のお知らせ

MHB2022大会の研究発表を再度、募集いたします。締切は下記のとおりです。応募の要領、手順、申込先に変更はありません。

 2022年6月19日(日)23:00(東京時間:UTC+9) 必着

大会プログラムと研究発表応募の詳細は下記の案内をご覧ください。

詳細

お問い合わせ:MHB学会 2022年度大会実行委員
taikai@mhb.jp

THE 2022 ONLINE CONFERENCE AND CALL FOR PAPERS

*****************************************************************************

The 2022 ONLINE Conference of the Japanese Society 
For Mother Tongue, Heritage Language,and Bilingual Education (MHB) 
  August 4-7, 2022 

*****************************************************************************

April 16, 2022

The 2022 conference will be held online from August 4 to 7 under the theme "To Explore Education for the Development of Three or More Languages". "Three (or more) language learning and acquisition" refers to language learning and teaching when three (or more) languages are involved, a concept which has been difficult to visualize because it has been collectively referred to as "bi-lingual" education. Since this is a theme that eventually applies to the growth process of every language learner who is a subject of our research, we will particularly focus on the education of "three (or more) languages" and, together with you, we would like to explore what can be applied to education based on what we have learned so far.

The keynote speaker for the conference theme will be Dr. Jasone Cenoz (University of Basque Country), a renowned researcher and educator whose extensive research and contributions to the field of multilingual education include tri-lingual education (Basque, Spanish, and English), immersion education, early English education, and theoretical considerations in multilingual education. We will also have a panel session related to the conference theme. In addition, there will be individual presentation sessions by MHB members.

We are calling for conventional oral presentations and, continuing from last year, short presentations. The latter emphasizes interaction among participants for various presentations, and it includes presentations of research, practical reports, and demonstrations.

The first half of the conference will also include a workshop on language teaching tasks (August 4) and a workshop on statistical analysis for use in teaching and research (August 5).

The conference will be online as in 2020 and 2021. We have members in various parts of the world. We will make the conference accessible to as many people as possible. We will also make every effort to ensure information for the deaf and hard of hearing.

We will announce how to apply for general participation later. We look forward to your active participation.

Outline of the Conference 
Date: Thursday, August 4, 2022 – Sunday, August 7, 2022 
How to be held: Completely online 
Theme: To Explore Education to foster three (or more) languages

Program  
Thursday, August 4  
Workshop I:  Let's make tasks you can use tomorrow

Friday, August 5 
[Special Program] Workshop II:  Statistical Analysis Using Web Applications: From Introductory to Advanced Levels

Saturday, August 6 
・Panel Session: To explore education that fosters three (or more) languages  
・Individual Presentations Session I 
・Keynote Speech: The development of metalinguistic awareness through translanguaging in the acquisition of third and additional languages (Jasone Cenoz)

Sunday, August 7 
Individual Presentations Session II, III, IV

Individual Presentation applications  
Application deadline: Tuesday, May 31, 23:00 (JST)

Application deadline: Sunday, June 19, 23:00 (JST)

─────────────

For more information, please see the link below. 
Details 

Contact: The 2022 MHB Conference Organizing Committee
taikai@mhb.jp

2022年度研究大会オンライン開催のご案内及び発表募集のお知らせ

*******************************
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会
2022年度研究大会オンライン開催のご案内及び発表募集のお知らせ
*******************************

2022年4月16日

2022年度の研究大会は「3言語(以上)を育てる教育を考える」をテーマにかかげ、8月4日〜7日にオンラインで開催します。「3言語(以上)の学習と習得」はこれまで「バイ」リンガル教育と総称されたため見えにくかった、3言語(あるいはそれ以上の数の言語)が関与する場合の言語学習と教育を指します。これは本学会が研究対象とするあらゆる言語学習者の成長過程に遅かれ早かれ該当するテーマであるため、「3言語(以上)」の言語教育という側面にスポットライトをあて、これまでの知見から教育に生かせることは何かを皆様とご一緒に考えていきたいと願っています。

大会テーマの基調講演には、バスク語、スペイン語、英語の3言語教育、イマージョン教育、早期英語教育、多言語教育の理論的考察など複数の言語の教育について広範囲におよぶ研究と教育現場への貢献でご高名なJasone Cenoz博士(University of Basque Country)をお迎えし、また大会テーマにそったパネルセッションも企画しています。そのほかには、会員による研究発表セッションを予定しています。

研究発表では、従来型の口頭発表と、昨年度にひきつづきショートプレゼンテーションを募集します。後者は参加者相互のやりとりに比重を置いた発表の場で、研究発表、実践報告、デモンストレーションなど、多様なプレゼンテーションに利用していただくことが目的です。

また、この大会の前半部には、言語教育タスクに関するワークショップ(8月4日)、教育と研究に使える統計解析のワークショップ(8月5日)も開催する予定です。

大会は2020年度、2021年度に引き続きオンラインで実施します。MHBは世界の各地に会員を有しているので、できるだけ多くの方に参加していただけるよう工夫をする予定です。また、情報保障についてもできる限りの努力をします。

一般参加の申し込み方法は、後日ご案内します。みなさまの積極的なご参加をお待ちしています。

【大会概要】 
開催期間:2022年8月4日(木)〜8月7日(日)
実施形態:完全オンライン開催 
テーマ:3言語(以上)を育てる教育を考える

【主なプログラム】 
8月4日(木)
ワークショップI「作ってみよう、明日使える言語教育タスク」

8月5日(金)
【特別企画】ワークショップII「ウェブ・アプリケーションを使った統計解析:入門から発展まで」

8月6日(土)
 ・パネルセッション「3言語(以上)を育てる教育を考える」
 ・会員による研究発表I 
 ・基調講演 The development of metalinguistic awareness through translanguaging in the acquisition of third and additional languages (Jasone Cenoz)

8月7日(日)  
 ・会員による研究発表II 、会員による研究発表III 、会員による研究発表IV

【研究発表応募について】 
2022年5月31日(火)23:00(東京時間:UTC+9) 必着

2022年6月19日(日)23:00(東京時間:UTC+9) 必着

─────────────

大会プログラムと研究発表応募の詳細は下記の案内をご覧ください。
詳細

 お問い合わせ:MHB学会 2022年度大会実行委員
taikai@mhb.jp

 

 

PAYPAL利用による年会費送金受付再開のお知らせ

MHB学会ではpaypalを利用した国内および海外からの年会費お振込みの受付を見合せておりましたが、お陰をもちまして、問題を解決することができました。海外からも送金きるようになったことを確認いたしましたが、もし、何かございましたら、下記のお問い合わせ先までご連絡いただけますでしょうか。

特に海外にお住いの皆さま、8月の研究大会でのご発表を予定されている皆さまに、ご心配とご不便をおかけし、お詫び申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ:会計(会費担当)滑川(なめかわ) enamekawa@yahoo.co.jp

『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』第19号 投稿募集

『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』第19号「3言語(以上)を育てる教育を考える」への投稿を募集いたします。特集テーマ、および、MHB学会が取り組んでいる研究領域に関する論文・報告を以下の要領で募集します。ふるってご応募ください。

投稿締切:2022年9月30日(金)正午(東京時間:UTC+9)必着

投稿資格:投稿は会員(一般会員と学生会員)に限ります。非会員の場合はMHB学会ウェブサイト https://mhb.jp/admissionの「入会案内」にある説明に従い、入会手続きをおとりください。

内容:MHB学会の対象領域(学会会則https://mhb.jp/kaisoku 参照)に関するオリジナルな研究。原稿は未発表のものに限ります。

投稿方法:詳しくは、下の投稿規定をお読みください。同じく下のテンプレート、書式説明、別紙をダウンロードしてください。書式説明を読んだ上で、①論文原稿と②別紙を作成し、Eメールに添付して下記担当者に送信してください。

送付先:MHB学会理事(紀要編集) 宇津木 奈美子
    Eメールアドレス:mhb19.editorial.board@gmail.com 
        メール件名に「MHB19号投稿原稿」とお書きください。

問い合わせ先:宇津木 奈美子
       Eメールアドレス:mhb19.editorial.board@gmail.com