『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』第21号 投稿募集

『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』第21号への投稿を募集いたします。MHB学会が取り組んでいる研究領域に関する論文・報告を以下の要領で募集します。ふるってご応募ください。

投稿締切:2024年9月30日(月)正午(東京時間:UTC+9)必着

投稿資格:投稿は会員(一般会員と学生会員)に限ります。非会員の場合はMHB学会ウェブサイト https://mhb.jp/admissionの「入会案内」にある説明に従い、入会手続きをおとりください。

投稿原稿の内容:MHB学会の対象領域(学会会則 https://mhb.jp/kaisoku 参照)に関するオリジナルな研究であり、かつ、以下の条件を満たすものとします。

  • 原稿は未発表のものに限ります。ただし未発表の論文には、学会での口頭発表ないしその内容をまとめた予稿集も含まれます。
  • 記述言語を変えたとしても内容的に同一の論文は、二重投稿となります。
  • 投稿者と同一の著者によって既発表の論文と内容の重複が多く、新規性が認められない投稿は受理されないことがあります。
  • 筆頭著者の複数投稿は可能ですが、二重投稿やサラミ論文と認められた場合、いずれの投稿も不採択となります。

【対象領域】(学会会則より抜粋転載)

バイリンガル教育を必要とする幼児・児童・生徒、およびその他の学習者の言語教育を対象とする。以下にその対象者領域の類型を示す。

  1. 継承語としての海外日本語教育
  2. ろう・難聴児のためのバイリンガル教育
  3. 文化的・言語的に多様な学習者(CLD児)の母語・継承語・バイリンガル教育(日本語教育を含む)
  4. 国際学校・外国人学校児童生徒の言語教育、先住民族の言語の教育、複数言語育成を目指した外国語教育など各種言語教育(英語教育を含む)

領域の区分を超えて広く、評価方法、研究方法についても研究対象とする。

論文カテゴリー:『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』における区分カテゴリーは、「研究論文」「調査・実践報告」「研究ノート」の3つです。カテゴリーの定義は以下の通りです。

  • 研究論文:先行研究に加えるべき独自の研究成果が、具体的なデータを用いて明確に述べられているもの。
  • 調査・実践報告:言語データ、史的資料、教育の現状分析、意識調査など、資料的価値が認められる報告が明確に記述されているもの。あるいは、教育現場における実践の内容を具体的、かつ明示的に描き、その結果について整理したもの。
  • 研究ノート:萌芽的研究課題を提起し、更なる展開が予想されるもの。

<査読について>
 いずれのカテゴリーの論文も、MHB学会が取り組んでいる研究領域との関連性、研究目的の明確さ、研究の独自性、分析・考察の実証性および論理性を重視して査読がなされます。研究ノートについても、最低限の先行研究を提示すること、萌芽的研究に相応しい分析方法を求めます。

論文の書式:必ずテンプレートをダウンロードして使用してください。

  • 用紙 A4判 横書きワープロ原稿
  • 余白 上下左右28mm
  • 字詰め 40字(字送り10.9pt)×38行(行送り17.95pt)

論文の長さ:研究論文、調査・実践報告15ページ以内、研究ノート12ページ以内
 要旨(和文)は400字以内で、本文の後ろのページに記入してください。要旨は規定ページ数に含まれません。なお、要旨(英文)は掲載決定後の記入となります。

使用言語:日本語あるいは英語。ただし、例示のために他言語の単語などを含むことは可能です。

投稿方法:詳しくは、投稿規定と書式説明をご一読の上、テンプレートと別紙を用いて、①論文原稿と②別紙を作成し、Eメールに添付して担当者に送信してください。

送付先:MHB学会理事(紀要編集) 松田 真希子
    Eメールアドレス:mhb21.editorial.board@gmail.com 
        メール件名に「MHB21号投稿原稿」とお書きください。

問い合わせ先:松田 真希子
       Eメールアドレス:mhb21.editorial.board@gmail.com 

MHB2024研究大会 オンライン開催のご案内及び発表募集のお知らせ

*******************************
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会
2024年度研究大会オンライン開催のご案内及び発表募集のお知らせ
*******************************

PDF版はこちら>

2024年 4月 29日

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会は、2024年度に本学会の前身となったMHB研究会が発足してから21年目を迎えたことを踏まえ、「母語・継承語・バイリンガル教育研究の未来を描く〜次の10年を見据えて〜」をテーマにかかげた研究大会をオンラインで開催いたします。
これまでの母語・継承語・バイリンガル教育研究の成果や課題を共有し、今後取り組むべきことや展望について参加者のみなさんとともに考える機会としたいと思います。
一般参加の申し込み方法は後日ご案内しますが、現在は発表を募集しております。入会と同時に発表応募することは可能ですので、関心を持つ多くの方のご参加をお待ちしております。

MHB学会 2024年度大会実行委員会 taikai@mhb.jp

日時:2024年8月6日(火)〜9日(金)(UTC+9)

形態:オンライン

テーマ:母語・継承語・バイリンガル教育研究の未来を描く〜次の10年を見据えて〜

参加費:MHB学会員 3,000円、非会員4,000円

発表募集:2024年度年会費納付済み会員から発表を募集します。

・MHB学会の研究領域に関連するもので未発表のものに限ります。
・締切は2024年 5月31日(金)23:59(UTC+9)必着です。
・詳細は「2024MHB発表募集要項(PDF)」をご覧ください。

《 2024年度大会テーマについて 》

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会は、国内外の幼児・児童・生徒・成人が読み書きも含むマルチリンガル能力を身につけられる言語教育の方法、理論、研究方法を探ることを目的として活動しています。対象領域の類型は以下の4つですが、本学会の特長の一つは、参加することによって、自分には身近ではない領域についても自然に出会い、理解を深め、関心を持つきっかけができることにあります。

【対象領域の類型】

・継承語としての海外日本語教育
・ろう・難聴児のためのバイリンガル教育
・文化的・言語的に多様な学習者(CLD児)の母語・継承語・バイリンガル教育(日本語教育を含む)
・ 国際学校・外国人学校児童生徒の言語教育、先住民族の言語の教育、複数言語育成を目指した外国語教育など各種言語教育(英語教育を含む)

2024年は本学会の前身となったMHB研究会が発足してから21年目となります。そこで今年度の研究大会では「母語・継承語・バイリンガル教育研究の未来を描く〜次の10年を見据えて〜」をテーマにかかげ、これまでの母語・継承語・バイリンガル教育研究の成果や課題を共有し、今後取り組むべきことや展望について参加者のみなさんとともに考える機会としたいと思います。

世界各地の会員が参加できるようにスケジュールに配慮して、4日間の開催期間中にパネルセッション、ワークショップ、会員による研究発表などを企画しました。暫定的なプログラム(以下)にお示ししたように、情報保障についてもできる限りの努力をしております。大会参加申し込み方法は後日ご案内いたしますのでぜひご参加ください。

《 プログラム(暫定版)》

*学会が手話通訳を手配する企画です。会員発表も1枠は手話通訳を手配します。
★ライブ開催後に録画動画を配信

【8月6日(火)】
  午前 総会
  開会、パネルセッション「MHB研究の軌跡:過去から未来への架け橋」*★
  午後 ワークショップ①「初めてのMiro」
  夜  講演「MHBにおける情報保障」★

【8月7日(水)】
  午前 会員発表①
  夜  会員発表②

【8月8日(木)】
  午前 ワークショップ②「初めてのUDトーク」
  午後 会員発表③
  夜  ワークショップ③「初めてのSlack」

【8月9日(金)】
  午前 MHB2025 プレセッション(2部構成)*★
   ・ 「初めてのTranslanguaging」
   ・ 「訳者が語る『トランスランゲージング・クラスルーム』の魅力」
  午後 大会発表・紀要投稿へのお誘い★
  夜  交流セッション「10年後のMHBを語ろう」・閉会

2023年度研究大会終わる

*******************************
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会
2023年度研究大会終了のお知らせ
*******************************

2023 年 8月 27日更新

2023年度の研究大会は「公正な言語教育を求めてーバイリンガルろう教育を再考する」をテーマに、8月3日〜6日にオンラインで開催され、国内外から多くの方にご参加いただき、無事終了いたしました。

MHBの研究領域である海外継承日本語、ろう・難聴児、国内CLD児、少数言語を含む各種言語教育の場において、学習者に対する情報保障や言語権、教育を受ける権利について、活発なディスカッションが繰り広げられました。また、今大会では、実行委員にもろう者に入ってもらえたこと、また、基調講演、パネル、特別講演、及び特別ラウンドテーブルにろうの登壇者に来ていただいたことで、大きな学びを得ることができたかと思います。

MHBでは、今後も引き続き「公正な言語教育」について皆さまとともに考えて参ります。ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。

MHB2023大会実行委員長

宮崎 幸江

MHB2023研究大会(オンライン) 参加登録開始のご案内

*************************************************************

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会
2023年度研究大会(オンライン)へのご参加お誘い

*************************************************************

2023年度の研究大会は「公正な言語教育を求めてーバイリンガルろう教育を再考する」をテーマにかかげ、8月 3日〜6日にオンラインで開催します。

MHBの研究領域である海外継承日本語、ろう・難聴児、国内CLD児、少数言語を含む各種言語教育の場において、学習者に対する情報保障や言語権、教育を受ける権利は必ずしも保障されてはいません。なぜなら、すべての学習者に機会を「平等 Equality」に提供したとしても、それは結果の平等「公正 Equity」を保障するものではないからです。今年度のMHB大会は「公正な言語教育」をテーマに、ろう教育におけるバイリンガリズムについて皆様とご一緒に考えていきたいと願っています。

大会テーマの基調講演には、ろう児の教育がご専門のRuth Swanwick博士(リーズ大学)、Daniel Fobi博士、Richard Doku氏の三人をお迎えし、「バイ/マルチリンガル小児期ろう教育:コンテクストを超えた対話 Bi/Multilingual early childhood deaf education: cross-context conversation」をテーマにご講演いただきます。また、森壮也氏(日本貿易振興機構アジア経済研究所)による「ろう者のセルフ・アドボカシー:手話にまつわる人生の諸戦略」と題した特別講演も企画しています。この特別講演は一般に広く公開(大会参加費不要)します。その他にもパネル、2つのワークショップ、会員による研究発表、特別ラウンドテーブルを予定しています。詳細は、大会概要をご覧ください。

主要なプログラム(基調講演、パネル討論、総会)においては、字幕付き動画や日本手話による通訳などを準備し、できるかぎり情報保障についても配慮する予定です。
大会の詳細および参加申し込みについては大会専用ページ(下記)をご覧ください。

https://www.conference.mhb.jp

参加申し込みの締め切り:7月28日(金)昼12:00(東京時間:UTC+9) 

MHB2023実行委員会(問い合わせ: taikai@mhb.jp

 

MHB2023研究大会 オンライン開催のご案内及び発表募集のお知らせ(締め切りました)

MHB(母語・継承語・バイリンガル教育)学会 2023年度大会 発表募集の締切日を延長いたします。(締め切りました)

当初、発表の募集締切日を 2023年 5月31日(水)23:59(東京時間: UTC+9) とさせていただいておりましたが、より多くの方にご応募いただきたく、応募締切日を2023年 6月15日(木)23:59(東京時間: UTC+9) に延長いたします。

どうぞ奮ってご応募ください。詳しくは当会HPをご覧ください。

https://mhb.jp/

2023年5月29日(月) MHB学会 2023年度大会実行委員


 

*******************************
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会
2023年度研究大会オンライン開催のご案内及び発表募集のお知らせ
*******************************

2023 年 5 月 5日更新

2023年度の研究大会は「公正な言語教育を求めてーバイリンガルろう教育を再考する」をテーマにかかげ、8月 3日〜6日にオンラインで開催します。

MHBの研究領域である海外継承日本語、ろう・難聴児、国内CLD児、少数言語を含む各種言語教育の場において、学習者に対する情報保障や言語権、教育を受ける権利は必ずしも保障されてはいません。なぜなら、すべての学習者に機会を「平等 Equality」に提供したとしても、それは結果の平等「公正 Equity」を保障するものではないからです。今年度のMHB大会は「公正な言語教育」をテーマに、ろう教育におけるバイリンガリズムについて皆様とご一緒に考えていきたいと願っています。

大会テーマの基調講演には、ろう児の教育がご専門のRuth Swanwick博士(リーズ大学)、Daniel Fobi博士、Richard Doku氏の三人をお迎えし、「バイ/マルチリンガル小児期ろう教育:コンテクストを超えた対話 Bi/Multilingual early childhood deaf education: cross-context conversation」をテーマにご講演いただきます。また、森壮也氏(アジア経済研究所)による「ろう者のセルフ・アドボカシー:手話にまつわる人生の諸戦略」と題した特別講演も企画しています。この特別講演は一般に広く公開(大会参加費不要)します。その他にもパネル、2つのワークショップ、会員による研究発表、特別ラウンドテーブルを予定しています。詳細は、大会概要 こちら をご覧ください。

MHB は世界の各地に会員を有しているので、できるだけ多くの方に参加していただけるよう工夫し、情報保障についてもできる限りの努力をします。一般参加の申し込み方法は、後日ご案内します。みなさまの積極的なご参加をお待ちしています。

【大会概要】

開催期間:2023 年 8 月 3 日(木)〜8 月 6 日(日) 

開催形態:完全オンライン開催 

テーマ:公正な言語教育を求めてーバイリンガルろう教育を再考する

 

【プログラム】

8 月 3 日(木)

15:00-18:00   ワークショップ I[録画事前共有、日本語字幕]

講師:柴山 真琴 氏(大妻女子大学)

内容:「エスノグラフィー入門:日常の言語実践の研究法として」

 

8 月 4 日(金)

16:00-18:30   基調講演

[録画事前共有(日本語字幕付)+ライブセッション(日本語への同時通訳、日本手話付)]

登壇者:Ruth Swanwick博士(リーズ大学)、Daniel Fobi博士、Richard Doku氏

タイトル:「バイ/マルチリンガル小児期ろう教育:コンテクストを超えた対話

   Bi/Multilingual early childhood deaf education: cross-context conversation」

 

8 月 5 日(土)

8:30-10:30   パネルセッション [日本手話通訳] 

テーマ:「言語とアイデンティティ」 

登壇者:(1) 北原 モコットゥナㇱ 氏(北海道大学) 

(2) 富田 望 氏(ハーバード大学)

(3)オーリ・リチャ 氏(千葉大学) 

10:30-10:50  学会より紀要特別号発刊のお知らせ

11:00〜      総会[日本手話通訳] 

13:00-14:30   特別講演 [日本手話通訳]  一般公開

登壇者:森 壮也 氏(日本貿易振興機構アジア経済研究所)

タイトル:「ろう者のセルフ・アドボカシー:手話にまつわる人生の諸戦略」

15:00-17:00 会員による研究発表 [1部屋に日本手話通訳あり]

16:00-17:00  特別ラウンドテーブル「ろうの若者、ろう教育を語る」[日本手話通訳あり]

 

8 月 6 日(日)

13:00-15:30  会員による研究発表[1部屋に日本手話通訳あり]

16:00-18:00 ワークショップ II

講師:加納 なおみ 氏(國學院大学) 

内容:「複数言語生活を生かした言語教授法ーリテラシーを育むための実践講座ー」

 

【研究発表応募要領】

1. 募集内容

・ MHB 学会の研究領域に関連するもので、未発表のもの。今年度の研究テーマに限るものではありません。

※MHB 学会の目的や対象領域は学会会則 https://mhb.jp/kaisoku を参照のこと。

 

2. 発表言語

・ 日本語、英語、日本手話(ただし、例示のため、他言語の単語などを含めることは可能)

 

3. 締切

・ 2023年 5 月 31 日(水)23:00(東京時間: UTC+9)必着

 

4. 発表カテゴリー

(1) 口頭発表(研究発表・実践報告)

(2) ショートプレゼンテーション(研究発表・実践報告・デモンストレーション)

 

発表応募の手続き、大会企画詳細は こちら をご覧ください。

MHB 学会 2023 年度大会実行委員会

taikai@mhb.jp