THE 2021 MHB ONLINE CONFERENCE

Japanese / English

*****************************************************************************

The 2021 ONLINE Conference of the Japanese Society
For Mother Tongue, Heritage Language,
and Bilingual Education (MHB)

7-8 August 2021

*****************************************************************************

The 2021 conference of the Japanese Society for Mother Tongue, Heritage Language, and Bilingual Education (MHB) will be held entirely ONLINE. The aim of MHB is to explore language education methods, theories, and research methods related to how infants, children, students, and other learners in multilingual environments in Japan and abroad can acquire multilingual skills including those of reading and writing. Please visit our website at:  https://mhb.jp/about for more information.

With the theme of “Family Language Policy and Multilingual Education in the New Era”,  the 2021 conference includes a keynote lecture, an invited panel, workshops, and research presentations. Due to the COVID-19 pandemic, all programs will be ONLINE. We hope this will facilitate the participation of members and prospective members from inside and outside of Japan.

Please see below for further details. We are looking forward to your participation in this conference.

2021 MHB Conference Organizing Committee
taikai@mhb.jp

 

Conference Summary

Dates: Saturday 7, August 2021―Sunday 8, August 2021
Theme: “Family Language Policy and Multilingual Education in the New Era”
*All times shown in the program are in Japan Standard Time (JST).
Abstracts of Keynote Speech (English), Invited Panel and Workshops (Japanese only)

 

Program

<Symbols>
★  Presentation in English
❖ Pre-recorded presentation or workshop
◑    Short Presentation (10-minute presentation followed by 20-minute open floor discussion)

 

Saturday, 7 August 2021

14:30 General Meeting

15:00 Opening Remarks

15:10-16:40 Oral Presentations I 
(1) 15:10 – 15:40  (2) 15:40 – 16:10  (3) 16:10 – 16:40

Room A

(1) What Actions Did Parents Take When They Felt that Their Child's Language Development was Delayed?: Focusing on Parental Beliefs and the Transformation of FLP 

Kana Shigematsu (Tokyo University of Foreign Studies Graduate School)

(2) ★Family Language Policy and Goffman’s Footing: A Case Analysis of Meta-pragmatic Discourse on Code-switching in a Chinese-Japanese Family in China

Kanae Obata (Tsinghua University)

(3) How are Different Family Members Involved in the Formation of Their Family Language Policy?:A Narrative Inquiry of the Father, Mother, and Child of the T Family in Thailand

Rina Matsuoka (Center for Japanese Language and Culture, Osaka University)
Shinko Fukazawa (Japanese Mother Tongue and Heritage Language Education and Research Association of Thailand)

 

Room B

(1) Heritage Language Use of Korean Newcomer Families in Tokyo: The Principles and Practices of Language Education at Home

Shinyoung Kim (Waseda University Graduate School)

(2) Family Language Policy of Russian-speaking Parents in Japan: Expectations and Realities of Children's Language Proficiency and Education through Parents' Perspectives

Anna Savinykh (Hokkaido University Graduate School)

(3) Representation of Heritage Languages and Social Linguistic Diversity in Elementary School Textbooks for German Classes in Germany: Content Analysis of the Textbook Series der-die-das

Yuki Konishi (Kansai University Graduate School)

Room C

(1) Needs Analysis of Chinese Heritage Language Learners in Japanese Universities: An Analysis of the Results from Questionnaires and Interviews

Guangxi Li (Osaka University Graduate School)

(2) Identity and Heritage Language Learning of Chinese-Rooted Students in Japanese University: A Longitudinal Study of Six Students

Noriko Ogawa (Ritsumeikan University)

(3) A Case Analysis of Vocabulary Development of a Japanese-Chinese Bilingual Child

Fei Gao (Nagoya City University)

 

18:00-20:30 Invited Panel “Research and Practice on Family Language Policy: In Japan and Beyond”

18:00-19:00 Panel Presentations

❖Presentation 1: Children’s Interpretation on FLP and Creative Language Use: The Case of a JHL Family in the UK

Chisato Danjo (York St John University)

❖Presentation 2: Transmission of Japanese as a Heritage Language in a Double Minority Context: The Case of Catalonia

Makiko Fukuda (Autonomous University of Barcelona)

❖Presentation 3: FLP and Language Policy Research in the Context of Japan: A Focus on Non-Anglophone International Families

Kyoko Motobayashi (Ochanomizu University)

 

19:00-19:45 Break

19:45-20:30 Summary and Open Floor Discussion of the Invited Panel

Discussant: Sachiko Yokoi (Osaka University)

20:30-20:40 Closing of the Conference

 

Sunday, 8 August 2021

08:40-09:50  ★❖ Keynote Speech

 “Family Language Policy: Growing Pains and New Directions in Post-COVID Times”

Kendall A. King (University of Minnesota)

10:00-10:30 Keynote Speech Question and Answer Session

11:00-12:30 Oral Presentations II

(1) 11:00 – 11:30  (2) 11:30 – 12:00  (3) 12:00 – 12:30

 

Room A

(1) The Potential and Significance of Education Connected to Community and Resources of Japanese Language Schools for Japanese Descent in Brazil

Keijiro Makino (Colegio Centro Boliviano Japonés Okinawa Uno)

(2) Exploring One’s Own Language and Identity in Plurilingual Settings: Activities in a Japanese Language Class at a High School in Hawaii

Fumi Ozeki (University of Hawaii at Manoa Outreach College)

(3) An Analysis on the Process of Transforming Attitudes toward Heritage Language: Focusing on the Migration of a Young Second Generation Immigrant to Japan

Mami Ota (Osaka University Graduate School)

 

Room B

(1) Changing Identity and Teacher Beliefs of a Deaf Teacher with Experiences in Auditory and Oral Method Education: A Methodological Experiment of Dialogic Autoethnography

Ayana Tsutsumi (Hokkaido Sapporo School for the Deaf) 
Mizuho Tanaka(Hokkaido Sapporo School for the Deaf)
Aiko Sano (Ritsumeikan University)

(2) Practice of Heritage Language Education at Home and Child’s Motivation: Focusing on Peruvian Pupil Y

Chiaki Yonezawa (Osaka Kyoiku University)

(3) Changing High School Teachers’ Beliefs on Education for CLD Students: Through Biliteracy Assessments of Written Compositions

Yoshimi Kojima (Tokyo University of Foreign Studies)
Chiho Sakurai (Osaka University)
Aiko Sano (Ritsumeikan University)

Room C

(1) Examining Impacts of China's Ethnic Minority Education Policy on the Language Education for Korean Chinese Children in Japan

Guanghua Cai

(2) Language Management among Young Chinese Immigrants: From the Perspective of Identity Management through Passing

Hikari Haku (Waseda University Graduate School)

(3) ◑Japanese College Students' Attitudes toward “Japanese Privilege”:Comparing Culturally and Linguistically Dominant and Subordinated Groups

Sachie Miyazaki (Sophia University Junior College Division)
Rika Tamura (Sophia University)

 

12:45-15:30 Workshops

12:45-13:45 ❖Workshop 1A “An Introduction of Open Coding to Handle Verbal Data”

Tomoo Hidaka (Fukushima Medical University)

14:00-14:45 Workshop 1B “An Introduction of Open Coding to Handle Verbal Data”

Tomoo Hidaka (Fukushima Medical University)

14:45-15:30 Workshop 2 “Start with Your LINE!: Choosing and Using Digital Tools for Teaching in the COVID-19 Pandemic”

Kiyomi Okamoto (Osaka University)

16:00-17:30 Oral Presentations III

(1) 16:00 – 16:30  (2) 16:30 – 17:00  (3) 17:00 – 17:30

 

Room A

(1) Characteristics of Development of an Age-based Speaking Abilities of Culturally and Linguistically Diverse Children

Sayaka Izawa (Osaka University of Economics and Law)

(2) Study on the Correlation between Comprehension in Listening and Reproduction of Keywords of Culturally and Linguistically Diverse Children: Developing an Age-based Reference Assessment Framework for JSL

Yukie Kobayashi (Tokyo University of Foreign Studies)

(3) A School-wide Effort to Introduce Mother Tongue Class Activities: A Practical Report on Thập Cẩm Day, an Event that Promotes Understanding of Mother Tongue Education

Mika Kondo (Osaka University Graduate School)

 

Room B

(1) ◑Production of "Verb & Noun Collocations" in Chinese: Test Development towards Testing JSL Children in Their First/Heritage Language

Danye Wang (Ochanomizu University Graduate School)
Tomomi Nishikawa (Ochanomizu University)

(2) ◑Teaching a Heritage Language Online: A Case Study of an Essay-writing Class for Chinese Heritage Children in Japan

Mubi Ou (Ochanomizu University Graduate School)
Bi Chin (Ochanomizu University Graduate School)
Tomomi Nishikawa (Ochanomizu University)

(3) ◑Language Education of Kurdish Children in Japan: A Case Study Using the Exchanging Note

Minami Nakamura (Kokugakuin University Graduate School)

 

Room C

(1) ◑Trajectory Equifinality Approach: As a Polyphonic Model Production Method

Chika Maruyama (Rikkyo University)
Ikumi Ozawa (International Christian University)

(2) ◑Original Picture Books as Dual Language Digital Teaching Materials: Identity Texts of Culturally and Linguistically Diverse Families

Eriko Namekawa (Kyoto Women’s University)

(3) ◑Proposal for "Watashi-go Portfolio" for Children and Parents to Create Together: Supporting the ‘Me-Language’ of Pluricultural and Plurilingual Kids at Home

Sei Miwa (University of Tübingen)
Wakako Tatsube (Volkshochschule im Norden des Landkreises Muenchen e.V.)
Hikari Tagawa (The Landesspracheninstitut at the Ruhr University Bochum)
Kaoru Matsuo (Japanische Schule Dendenmushi  Duisburg  e.V.)

 

17:30-17:40 Closing of the Conference

 

Information on Japanese Sign Language Interpretation:

If you need a sign language interpreter, or wish to be accompanied by a personal sign language interpreter, please inform us when you pre-register online. Japanese sign language interpretation will be provided for the Q & A session of the keynote speech and the open floor discussion of the invited panel. Your personal sign language interpreter can accompany you for the rest of the conference program free of charge.

Participation Fees Payment Methods

In order to register, please use the following website:
https://www.conference.mhb.jp/

Wix manual (Japanese only)

 

Guidelines for Registration

Online registration is required for all conference participants in advance. Registration closes on 31 July 2021.

The MHB Research Association accepts new members interested in its research aims at any time. If you wish to participate in the 2021 conference as a member, please become a member by paying membership dues through the following link before you register for the conference.
https://mhb.jp/admission.

We will send you information about online access to the conference and strive to provide the best service. Nevertheless, we cannot guarantee that there will be no disruption related to internet connection problems.

Conference fees

General member/ Student member  2000yen
Associate member/ Non-member    3000yen

WIX accepts payments by credit card and Paypal.

You will receive a message from WIX after your payment is processed and the message will be your receipt of payment. If you need a paper receipt from MHB, please contact the Conference Organizing Committee.

Once paid, we regretfully cannot refund any payment.

2021 MHB Conference Organizing Committee
taikai@mhb.jp
https://www.conference.mhb.jp

MHB学会2021年度研究大会 参加登録開始のご案内

Japanese / English

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会は、国内外の複数言語環境にある幼児・児童・生徒・およびその他の学習者が読み書きも含むマルチリンガル能力を身につけられる言語教育の方法、理論、研究方法を探ることを目的として、多様な領域の研究者、教育実践者が交流し、 情報交換や発信などの活動を行っています。

2021年度の研究大会は「ファミリー・ランゲージ・ポリシーと新時代におけるマルチリンガル教育」をテーマに掲げ、8月7日、8日にオンラインで開催します。ファミリー・ランゲージ・ポリシー(Family Language Policy、以下FLP)は、個人と社会的環境との接点となる集団の最小単位として「家族」に注目し、学校における学習言語及び地域・国家レベルの言語政策との関係性を深く考察し、理解することができるテーマです。

今年度の大会では、FLP研究を牽引してこられたKendall King博士による基調講演、FLPに関連した国内外の実践研究報告からなるパネルセッションの他、一般発表(27件)、ワークショップ2件を予定しています。ワークショップには、研究手法に焦点をあてたオープン・コーディング入門と、コロナ禍の教育デジタルツールに焦点をあてた2件を企画しました。

基調講演とパネルセッションは、大会1週間前から動画配信を開始し、大会期間中には質疑応答をライブで開催いたします。事前配信動画には日本語字幕、ライブセッションでは日英同時通訳・日本手話同時通訳をご用意します。また、オープン・コーディング入門は事前配信動画とライブによるハンズオンのセッションを予定しています。この他、書店による書籍販売コーナー、参加者相互の交流をはかる場なども設けております。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 

日時:2021年8月7日(土),8月8日(日)
テーマ:ファミリー・ランゲージ・ポリシーと新時代におけるマルチリンガル教育
場所:全プログラムオンライン

2021MHB研究大会参加者限定特設サイト (https://www.conference.mhb.jp/) 
*現段階では一般公開用のプログラムページのみ閲覧可能です。
大会1週間前をめどに、参加者だけが閲覧できる詳細情報を掲載します。

・大会参加費

一般会員、学生会員:2,000 円
準会員、非会員:3,000 円
* 「一般会員、学生会員」割引価格の適用は、2021年度の学会年会費を支払い済みの方に限ります。

・申し込み期限:7月31日23:59(日本時間:UTC+9)

​・支払い方法:クレジットカードまたはPayPal

* お支払方法のご相談は当サイトのチャットかメール(taikai@mhb.jp)でご連絡ください。
** お支払いの取り消しはお受けできませんので、ご了承ください。

・プログラム詳細および参加申し込み方法

大会特設サイト(https://www.conference.mhb.jp/)をご参照ください。
大会テーマ趣旨、基調講演、パネル、ワークショップの要旨はこちら [PDF]

                                                                                                             MHB学会2021年度大会実行委員
                                                                                                             taikai@mhb.jp

『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』第18号 投稿募集

『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』第18号「新時代のFamily language policy とマルチリンガル教育」への投稿を募集いたします。特集テーマ、および、MHB学会が取り組んでいる研究領域に関する論文・報告を以下の要領で募集します。ふるってご応募ください。

投稿締切:2021年8月31日(火)正午(東京時間:UTC+9)必着

投稿資格:投稿は会員(一般会員と学生会員)に限ります。非会員の場合はMHB学会ウェブサイト https://mhb.jp/admissionの「入会案内」にある説明に従い、入会手続きをおとりください。

内容:MHB学会の対象領域(学会会則https://mhb.jp/kaisoku 参照)に関するオリジナルな研究。原稿は未発表のものに限ります。

投稿方法:詳しくは、下の投稿規定をお読みください。同じく下のテンプレート、書式説明、別紙をダウンロードしてください。書式説明を読んだ上で、①論文原稿と②別紙を作成し、Eメールに添付して下記担当者に送信してください。

送付先/問い合わせ先:MHB学会理事(紀要編集) 服部美貴
      Eメールアドレス:mhb18.editorial.board AT gmail.com 
      (ATは@と読みかえて、ATの前後のスペースは取り除いて下さい。)
​       メール件名に「MHB18号投稿原稿」とお書きください。

2021年度MHB研究大会オンライン開催のご案内及び発表募集のお知らせ

*******************************
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会
2021年度研究大会オンライン開催のご案内及び発表募集のお知らせ
*******************************

2021年4月15日
(タイムテーブル 4月29日更新)

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会は、国内外の複数言語環境にある幼児・児童・生徒・およびその他の学習者が読み書きも含むマルチリンガル能力を身につけられる言語教育の方法、理論、研究方法を探ることを目的として、多様な領域の研究者、教育実践者が交流し、 情報交換や発信などの活動を行っています。

2021年度の研究大会は「ファミリー・ランゲージ・ポリシーと新時代におけるマルチリンガル教育」をテーマに掲げ、8月7日、8日にオンラインで開催します。ファミリー・ランゲージ・ポリシー(Family Language Policy、以下FLP)は、個人と社会的環境との接点となる集団の最小単位として「家族」に注目し、学校における学習言語及び地域・国家レベルの言語政策との関係性を深く考察し、理解することができるテーマです。

大会テーマの基調講演には、FLP研究を牽引してこられたKendall King博士をお迎えします。また、FLPに関連した国内外の実践研究報告からなるパネルセッションの他、一般発表、ワークショップなどを予定しています。

一般発表では口頭発表と、新しくショートプレゼンテーションを募集します。これは昨年までのポスター発表とデモンストレーションに替わるもので、参加者のやり取りを重視した形で、研究発表、実践報告、デモンストレーションなど、広く発表していただくことが目的です。

大会は2020年度に引き続きすべてオンラインで実施します。発表の応募方法は近日中にお知らせします。一般参加の申し込み方法は、後日改めてご案内します。みなさまの積極的なご参加をお待ちしています。

MHB学会 2021年度大会実行委員
taikai@mhb.jp

【大会概要】 

日時:2021年8月7日(土)、 8月8日(日)
方法:オンライン開催
テーマ:ファミリー・ランゲージ・ポリシーと新時代におけるマルチリンガル教育

【プログラム】

 大会テーマ趣旨、基調講演、パネル、ワークショップの要旨はこちら [PDF]

 (*録画再生)とある部分は、希望者を対象に事前配信動画のビューイングを行う時間で、それ以外はライブで行います。(事前配信動画は一定の期間、大会参加者が各自自由に閲覧できる形になっています。)

 基調講演と 大会企画パネル の動画には日本語字幕が付きます。また、当日の質疑応答には、次の同時通訳を準備する予定です。
  基調講演:「英語・日本語・日本手話」の3言語間
  大会企画パネル:「日本語・日本手話」の2言語間

 タイムテーブルは暫定的なもので、正式なものは決まり次第お知らせしますが、遅くとも発表者が決定した7月にはご案内します。タイムテーブルは日本時間で、世界各地の現地時間は下の「各地の時刻」をクリックしてください。

 

8月7日(土)

 14:30    総会
 15:00    開会
 15:10-16:40 会員による発表セッション1(各地の時刻

 18:00-19:30 大会企画パネル「国内外におけるFLP研究の実際」(*録画再生)(各地の時刻

    第1発表「バルセロナの継承日本語家庭におけるFLP実践研究」
        福田牧子(バルセロナ自治大学)

    第2発表「イギリスの継承日本語家庭におけるFLP実践研究」
        段上知里(ヨーク・セント・ジョン大学)

    第3発表「日本の言語政策研究と日本の国際結婚家庭を対象としたFLP研究」
        本林響子(お茶の水女子大学)

    第4発表「総括」
        横井幸子(大阪大学)

 19:45-20:30 大会企画パネル質疑応答(各地の時刻

 

8月8日(日)

 08:40-09:50 基調講演「Family language policy: growing pains and new directions in post-COVID times」(*録画再生)(各地の時刻
       Prof. Kendall King(ミネソタ大学) 要旨はこちら [PDF]

 10:00-10:30 基調講演 質疑応答(各地の時刻

 11:00-12:30 会員による発表セッション2(各地の時刻

 12:45-13:45 大会企画ワークショップ(*録画再生)(各地の時刻

    (1) 「言葉のデータに翻弄されないためのオープン・コーディング入門」
        日高友郎(福島県立医科大学)

 14:00-15:30 大会企画ワークショップ(各地の時刻) 要旨はこちら[PDF]

    (1) 「言葉のデータに翻弄されないためのオープン・コーディング入門」

    (2)「LINEから始めるコロナ禍の教育デジタルツール選択と利用」
        岡本清美(大阪大学)

 16:00-17:40 会員による発表セッション3(各地の時刻

 17:40    閉会

 

 【参加費】 

  すべて事前登録が必要で、当日参加はできません。参加申し込み方法は後日ご案内します。

    MHB2021大会参加費: 一般会員、学生会員:2,000 円
                                     準会員、非会員  :3,000 円

 

【発表募集】

2021年度の研究大会(オンライン開催)での口頭発表、ショートプレゼンテーションを募集します。
応募の締切は、2021年 5月31日(月)23:59(東京時間: UTC+9)必着です。応募のための詳細は発表応募要項 [PDF] をご覧ください。

お問い合わせ:MHB学会 2021年度大会実行委員
taikai@mhb.jp

MHB学会 会員区分

MHB学会の会員種別には「一般会員」「学生会員」「準会員」があります。登録後に会員種別を変更することも可能です。

  • 「一般会員」「学生会員」には、MHB学会主催行事への参加費の割引などの特典がありますが、年会費の支払いが発生します。なお、「学生会員」は学生であることが条件です。
  • 「準会員」は、いずれかのSIGに参加していることが条件となります。年会費の支払いは必要ありませんが、参加費の割引などの特典はありません。
MHB学会 会員区分(非会員との比較から)
会員区分 年会費

紀要投稿・大会発表

紀要講読 大会や学習会などの参加費 メーリングリスト 登録条件
一般会員 4,000円 出来る 最新版を含めて全て無料 会員価格 自動的に登録される なし
学生会員 3,000円 出来る 最新版を含めて全て無料 会員価格 自動的に登録される 学籍がある
準会員 なし 出来ない 発行から一年後の一般公開版のみ 割引なし 自動的に登録される SIGに参加
非会員 なし 出来ない 発行から一年後の一般公開版のみ 割引なし なし N/A

*会員専用メーリングリストには、事務局・大会委員会からの情報が送られる他、ご自分からも情報や意見などを自由に投稿することができます。

*年会費の納付方法は、新規入会の方は 「入会案内」を、既に会員の方は「会員更新手続き(年会費納付)」をご覧ください。

注)会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までで、年度途中の入会者の年会費も同額となります。