MHBアイヌ文化・言語学習会終わる

雪化粧した札幌ピリカコタン及び二風谷でのアイヌ学習会は、20名の参加者を得て無事に終了しました。博物館での学びに加え、札幌学院大学の岸本宜久先生と二風谷アイヌ文化博物館の関根健司先生の熱のこもったご講演によって学びを深めた週末となりました。

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会2020年度大会開催のご案内

母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会2020年度大会開催のご案内

日時:2020年8月8日(土)-9日(日)
場所:上越教育大学
住所:〒943-8512 新潟県上越市山屋敷町1番地
ホームページ:https://www.juen.ac.jp/

プログラム、発表応募については、4月初旬頃HPでお知らせいたします。

                       MHB学会大会実行委員

MHBアイヌ文化・言語学習会のご案内

MHBは、これまで海外在住の継承日本語学習者、日本在住のCLD児童(文化的・言語的に多様な児童)、日本手話と日本語のバイリンガルとしてのろう児、海外から帰国した児童および様々なコンテクストにおける複数言語学習者のバイリンガル・マルチリンガル発達に資する研究を深めてきました。しかし、残念なことに日本の先住民族の言語とその教育についての領域は、これまでのところあまり深められていないのが現状です。

今年4月、アイヌ民族を初めて先住民族と明記した「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律案」(通称「アイヌ新法」)が制定されたことをきっかけとして、ぜひ、MHBとしてアイヌ語のおかれた現状を理解し、アイヌ語教育の在り方について理解を深めたいと考え、以下のような研究会を企画しました。初日は札幌近郊のアイヌ文化交流センター(ピリカコタン)を見学してアイヌ文化について学ぶとともに、アイヌ語の研究者である岸本宜久先生に「初めてのアイヌ語」と題したご講演をいただきます。その日はピリカコタンにほど近い定山渓温泉で会員の親睦を深めつつ、翌日は早朝に発ち、アイヌ文化の伝承・教育が盛んな平取町二風谷へ向かいます。二風谷では、アイヌ語教育の第一人者、関根健司先生にご解説いただきながら博物館を見学し、さらに関根先生からアイヌ語継承の現状についてご講演をいただきます。

アイヌ文化およびアイヌ語のおかれた現状について理解を深めるまたとない機会になると思いますのでぜひ多くの会員(準会員を含む)の皆様にご参加をいただきたいと思います。

9日・10日両日のご参加でも、10日のみのご参加でも構いません。ご参加を希望される方は、こちらのリンク

 https://forms.gle/GxufgNcPdVUihasK6

から必要事項をご記入ください。なお、バスの定員の関係上、先着20名をもって参加を締め切らせていただきたいと思いますのでご了承ください。参加確定のお知らせはお申し込み後2日以内にお送りいたします。参加費用は10日のバス代として3000円いただきます。ただし、札幌までの交通費、宿泊費、食費、集合場所(9日はサッポロピリカコタン、10日は定山渓のホテル)までの交通費、施設入場料(200円+400円)は別途個人でお支払いをお願いします。宿泊費は12000円程度を予定しております。詳細は確定し次第個別にご案内いたします。何かご不明な点は

aiko-sano@ts.siu.ac.jp

までお願いいたします。

 

11月09日(土)

13時00分

小金湯温泉 サッポロピリカコタン見学 (1時間30分)

https://www.city.sapporo.jp/shimin/pirka-kotan/shisetsu/index.html

14時30分

札幌学院大学 岸本宜久先生 ご講演「初めてのアイヌ語」(2時間30分)

17時

定山渓温泉のホテルに移動 懇親会

11月10日(日)

7時30分

定山渓ホテルロビー集合、出発(車で約2時間)

10時00分

二風谷着 二風谷アイヌ文化博物館見学(関根健司先生解説付き)入館料400円

12時00分

昼食 シカ汁(オハウ)つきアイヌ料理弁当1400円

13時00分

関根健司先生ご講演「アイヌ語教育の現在(仮)」(1時間半)

14時30分

二風谷発

16時30分

千歳空港着 

 

2019年度研究大会終わる

MHB学会の2019年度研究大会は、スタッフ役員を含めて合計140名の参加を得て、盛況のうちに終了いたしました。連日の猛暑の中、多くの皆様にご発表・ご参加をいただき、ありがとうございました。
大会第2日目にはMHB学会2019年度年次総会を開催、真嶋潤子氏を総会議長として、2018年度活動報告2019年度活動計画、2019年度予算審議が行われ、承認されました。