紀要 第17号

【紀要 17号のPDFはこちらから】
『母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究』 第17 
※発行から1年間は、会費納付済み会員のみが閲覧可能です(パスワードが配布されています)。
※2021年6月19日にファイルを差し替えました。

【目次】

《招待論文》
高橋
日本語を母語とする子どもの読み書き能力の発達
その他

宇津木 奈美子・原 瑞穂
CLD児散在地域における教育保障に向けた学校教育への挑戦のプロセス
― 教育委員会・国際交流協会・大学の担当者のふり返りから ―
先住・定住・新来児童生徒

研究論文
湯川 笑子・加納 なおみ
「トランス・ランゲージング」再考 ― その理念、批判、教育実践 ―
その他

研究ノート
仲江 千鶴
多言語環境で育つ高校生のL1作文とL2作文に見られる関係性
先住・定住・新来児童生徒

本間 祥子・重松 香奈
海外長期滞在家庭の子どもは補習授業校での学習経験をどのように意味づけているか
― 補習授業校を卒業した大学生へのインタビューから ―
継承日本語

安東 明珠花
CLD児の枠組みから考えるコーダのバイリンガリズム、バイカルチュラリズム、アイデンティティ
ろう・難聴児

湯川 笑子・清田 淳子
立命館キャンパスアジア・プログラム日本人学生の日中韓3言語および英語が関わるトランス・ランゲージング
各種言語教育