母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会について

MHB学会は、学会の趣旨に賛同される方を会員として随時受け入れています。
入会希望の方は「入会案内」からお申し込みください。

母語・継承語・バイリンガル教育学会(MHB学会)は以下の目的のため、下に示した領域を対象分野として活動を行っています。

【目的】

1. 対象領域の研究活動の活性化
2. 対象領域の実践活動の質の向上
3. 会員間の情報交換と交流
4. リソース(参考文献や調査データ)収集と情報発信

【対象領域】
バイリンガル教育を必要とする幼児・児童・生徒・およびその他の学習者の言語教育を対象とする。当面、具体的には以下の領域を含む。

1. 継承語としての日本語教育
2. ろう・難聴児のためのバイリンガル教育
3. 先住・定住・新来児童生徒の母語・継承語・バイリンガル教育(日本語教育を含む)
4. 帰国児童生徒、国際学校・外国人学校児童生徒のための母語・継承語・バイリンガル教育
5. 複数言語育成を目指した各種言語教育(日本の英語教育を含む)
6. その他(例:評価方法、研究方法、データベースなど)

また、会員は以下の部会(Special Interest Group: SIG)に参加することができます。(複数SIGへの参加が可能です。)

a.海外継承日本語部会
(部会のウェブサイト https://sites.google.com/site/keishougo/)
b.インターナショナル・スクール部会
(部会のウェブサイト https://sites.google.com/site/mhbinternationalschool/)
c.アセスメント部会
d.バイリンガル作文部会
e.各種言語教育部会

MHB学会では、研究大会(夏)や勉強会など(随時)を企画・開催しています。また、紀要等を刊行しています。

MHB学会のお知らせは、メーリングリスト(会員登録済みのアドレスからのみ投稿および受信が可能)や、MHB学会ウェブサイトを通じて行っています。

会員種別には「一般会員」「学生会員」「準会員」があります。登録後に会員種別を変更することも可能です。

  • 「一般会員」「学生会員」には、MHB学会主催行事への参加費の割引などの特典がありますが、年会費の支払いが発生します。なお、「学生会員」は学生であることが条件です。
  • 「準会員」は、いずれかのSIGに参加していることが条件となります。年会費の支払いは必要ありませんが、参加費の割引などの特典はありません。
MHB学会 会員区分(非会員との比較から)
会員区分 年会費

紀要投稿・大会発表

紀要講読 大会や学習会などの参加費 メーリングリスト 登録条件
一般会員 4,000円 出来る 最新版を含めて全て無料 会員価格 自動的に登録される なし
学生会員 3,000円 出来る 最新版を含めて全て無料 会員価格 自動的に登録される 学籍がある
準会員 なし 出来ない 発行から一年後の一般公開版のみ 割引なし 自動的に登録される SIGに参加
非会員 なし 出来ない 発行から一年後の一般公開版のみ 割引なし なし N/A

年会費の納付方法は、新規入会の方は 「入会案内」を、既に会員の方は「会員更新手続き(年会費納付)」をご覧ください。

注)会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までで、年度途中の入会者の年会費も同額となります。


母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会 事務局

〒257-0005 神奈川県秦野市上大槻山王台999
上智大学短期大学部 英語科
宮崎幸江研究室内 MHB事務局
電話:0463-83-9331(代)FAX:0463-81-7809(代)
Email:mhbgakkai.jimukyoku AT gmail.com
(ATは@と読みかえて、ATの前後のスペースは取り除いて下さい。)


【参考】

  • 学会会則最新版はこちら
  • 現在の役員・SIG代表はこちら
  • MHB学会の前身となった「母語・継承語・バイリンガル教育研究会」を立ち上げる会の議事録はこちら