「カミンズ先生著作読書会」終わる


「カミンズ先生著作読書会」は終了いたしました。ありがとうございました。
**************
件名:「カミンズ先生著作読書会」のご案内  
宛名: MHB研究会、日本語教育学会、日本言語政策学会、吉島科研ほか関連学会等会員各位
大阪大学言語教育研究会より下記のとおり読書会のお知らせをいたします。
バイリンガル教育・継承語教育、英語教育等の分野で、カナダのみならず世界的に著名なJim
Cummins教授の著作を読む勉強会を企画いたしました。「氷山説」や「BICS/CALP」で、お名前は知っ
ていても、著作を読んだことのない方は多いのではないでしょうか。
これは、2011年2月19日「ユネスコ国際母語デー記念 学術講演会」(大阪大学世界言語研究センタ
ー主催)でカミンズ先生と中島和子先生の講演会を開催するのに先立ち、カミンズ先生の著作を予習
しようという試みです。(講演会のご案内は別途送信いたします。)
現代日本の喫緊の課題である外国人児童生徒への言語教育(日本語+母語)についての理解を
深め、日本語教育と母語育成のバイリンガル教育のあり方を探り、実態等の調査を踏まえた教
育提言が行えるようになることを念頭に、来年2月の講演会とセットで企画しました。
読書会に参加ご希望の方は、下記のフォームに従ってメールでお申し込みください。
             記
日時: 2010年12月11日(土) 10時半-11時半、13時-17時
場所: 大学コンソーシアム大阪 D教室(大阪駅前第2ビル4階)
http://www.consortium-osaka.gr.jp/about/access.html
内容予定: 
1)読書リスト(添付リスト参照)の文献を、参加者全員が読んでくる。
2)担当者を決めておき、1本ずつまとめと質疑を行う
3)午前中イントロ/日本語の本の紹介など、午後英語論文を読む。
注:中島和子先生によると、来年1月に、中島先生が訳されたカミンズ先生の著作集(最新論文
集)が出版されるそうで、その原文と翻訳を検討してもらっても良いというお申し出がありまし
た。(添付ファイルの文献番号3と6です。)
主催: 大阪大学言語教育研究会(代表:真嶋潤子)
参加費: 500円(資料代):当日徴収
定員: 40名
申込方法:下記の申し込み用紙に必要事項を記入し、メールにて直接お申し込みください。
【参加申込・問合わせ先】
大阪大学言語教育研究会 担当:スミス 朋子・ウリガ
cumminsdokushokai@gmail.com
**************
「カミンズ先生著作読書会」参加申し込み用紙
氏名:
所属:
メールアドレス:
担当文献:
(   )希望する→ 文献番号→(第一希望:     第二希望:    )
(   )希望しない